ニセコの総合観光案内サイト

グランヒラフのマウンテンバイク体験!!

​今日は、清々しい初夏のグランヒラフスキー場でマウンテンバイク体験をしてきました!ナインさんは、ニセコエリアで数々のフロートレイルコースの造成を手がけた実績をもち、夏はマウンテンバイクの体験、冬はスノースポーツのガイドをするニセコのアウトドア会社さん(代表:中嶋哲平)です。いつも滑り慣れたグランヒラフのゲレンデもマウンテンバイクで走るとまったく違った楽しみや景色が楽しむことができます。

​まず、ホテルニセコアルペン前のドットベースで受付をして、ヘルメットとグローブ、肘と膝それぞれにプロテクターをつけてサイズを調整します。服装は、やはり下はケガの心配があるので、手足が出ないものがオススメですが、熱くなるので今日くらいなら上はTシャツで十分でした。まずは、バイクの調整です。実際にバイクに跨がりサスペンションの調整をします。この調整をしっかりしていないと体への衝撃がもろにくるので、走行へも影響がでてきます。休憩時の水分補給の飲み物をもっていくことをオススメします。ガイドの方がリュックに入れてくれるので安心ですよ。

今日は、ガイドの鈴木武志さんがブレーキの使い方、ポジショニング、ターンの仕方などドットベースのそばの芝生で1時間ほど詳しく指導していただいた後、実際にトレイルコースを走りました。マウンテンバイクのトレイルを走るときにもっとも大事なのが、ヘアピンカーブのように曲がったコーナーを曲がるときです!

<曲がるときに大切な3つの事>

①ハンドルを曲げる

②進行方向を見る

③進行方向に体を向ける

これって、「え?当たり前でしょ!!」って思うでしょ?でも、実際できないんですよ!普通の自転車では、当たり前にやってることなんですよね。でも、カーブがきつくなると下ばかり見て、進行方向に目がいかないんです、初心者の私なんかはとくに怖くて。でも、鈴木さんがスピードコントロールのポイントなんかを細かく指示してくれるので、安心して降りてくる事ができました!!また次はもっとスピードを楽しみながら、降りてこれるようになりたいです!目の前に広がる羊蹄山の雄大な景色を眺めながら、ぜひ皆さんも体験してみてください。詳しい情報につきましては、nineまでお問い合わせください。

宿泊検索